2014年02月23日

ウェブページのウイルススキャン

ウェブページ(指定URL)のウイルススキャンができるサービス


想定できる利用のシーン。

1)怪しいメールに書かれたURLのページが安全か確認する。

2)気になるが怪しそうなリンクの先が安全か確認する。

3)インターネットセキュリティソフトで警告が出たが裏づけをしたい。


インターネットセキュリティソフトを導入していれば、セキュリティソフトが安全性の確認はしてくれているので特別気にする機会は限定的に思える。

しかし、もしもに備えるという点では有効活用したいサービスではあるので紹介する。


Trend Micro Site Safety Center
(トレンドマイクロ サイトセーフティセンター)


セキュリティソフト『ウイルスバスター』でお馴染みのメーカーが提供しているサービス。
安全性を確認したURLを入力して実行させるとスキャンして結果を表示してくれる。
安全性の評価だけでなく、サイトのカテゴリーなどの情報も表示してくれる。


Dr.Web オンラインスキャン

『Dr.Web アンチウイルス』のメーカーが提供しているサービス。
入力したURLの安全性を検査するだけでなく、指定したファイルの安全性を確認するサービスもある。
ウェブページのスキャン結果が詳細に表示されるので心持ち安心感が高い。



何はさておき、まずは自身のパソコン・タブレット・スマートフォンにセキュリティソフトをインストールして、更新をしっかりしておくことが重要。

その上で、上記のサービスを利用して更なる安全性を確保して欲しい。





トロイの木馬への対策ならウイルスバスター

シマンテックストア
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 行田情報へ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ    ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by パソコンにゃんこ先生 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
.
Powered by さくらのブログ