2015年08月29日

世界シェアでみる、セキュリティ対策ソフト *

Google検索などで調べるセキュリティ対策ソフトのランキングや評価サイトは数多。
いろいろな視点の切り口で書かれているので、どのソフトが良いのか迷う。 


OPSWAT, Inc.が公開した2015年1月のデータによれば、
1位 21.4% Avast
2位 19.4% Microsoft
3位 8.6% AVG
4位 7.4% Avira
5位 7.1% Symantec
6位 6.2% McAfee
7位 4.2% ESET
8位 3.5% Kaspersky Lab

圧倒的に、AvastとMicrosoftのシェアが高い。


この結果にはからくりがあるし、
あくまで人気投票であって、必ずしも性能の高さと一致していない。


さて、この順位のからくりは・・・

同データのソフトウェア別をみてみると、
1位 17.8% Microsoft Security Essentials
2位 17.6% avast! Free Antivirus
3位 5.9% Avira Free Antivirus
4位 5.0% AVG Anti-Virus Free Edition

5位 3.6% McAfee VirusScan
上位を占めるのは無料で使えるセキュリティ対策ソフト


上記の1〜4位の無料セキュリティ対策ソフトを除外してみると、
1位 7.1% Symantec
2位 6.2% McAfee
3位 4.2% ESET
4位 3.8% Avast
5位 3.6% AVG
6位 3.5% Kaspersky Lab
上位は、Symantec、McAfee、少し離れてESETという結果になった。



世界的にみると、シマンテックマカフィーが圧倒的。
ところが、日本国内だけをみると【ウイルスバスタークラウド】 トレンドマイクロが強いという特殊事情がある。


世界的なシェアが高いベンダーを選ぶか、国内に強いベンダーを選ぶか。
どちらも電話サポートが受けられるので、買ってから安心。
 

セキュリティ対策ソフトは、パソコンの環境によってトラブルになることがあります。
まずは、無料体験版を使ってみて最終的に決めることをオススメします。



シマンテックストア

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 行田情報へ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ    ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by たぁ@クトル at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
.